Unihertz ガジェット

Unihertz Atom XL Kickstarterでプロジェクト開始

Atomプロジェクトの開始を知らせるメールがやってきた

要約:

公表するのを待ちに待ったUnihertz第4弾のスマートフォン 

Atom XL を公開するぞ。

Uniherzはキャンペーン第1弾Jelly、第3弾Titanと過去3度のプロジェクトの成功をおさめて、お届けできた。

AtomXL 機能

  • 4インチスクリーン
  • 48メガピクセルのカメラ
  • 手に収まるサイズ、しかもハッとするよう写真が撮れるぞ
  • DMRのトランシーバ機能(DMRは日本じゃマイナーなデジタル通信規格)
  • IP68規格(IPは防水規格)

  

  • Android10
  • 急速充電(Quickcharge   2.0?)
  • グローバルLTE(?)

Atom Lは169ドル、Atom XLは219ドルからだ。

市価販売の110ドルOFF。

Kickstarterで過去Jelly、Atomプロジェクトを支援した人には

AtomXL1つにつき1個特製バックパッククリップをプレゼント。

Unihertz 実はプロジェクト開始の48時間前から予告 

2月25日ごろにKickstarterでAtomXLプロジェクトを始めるぞとメールが2通ほどやってきていた。

Atom Lを支援することにした

Atom XLはやめて Atom Lを支援する。

活用したことのないアマチュア無線3級免許をなぜか持っているが、

さらにAtomXLのようなDMR機の利用申請はめんどくさそうなのでやめた。

すごい勢いで出資額が増えていく

僕が支援したとき、すでにKickstarterで3000万円集まっていたが…

https://www.kickstarter.com/projects/jellyphone/atom-xl-the-upgraded-atom-with-48mp-camera-and-4-screen?ref=ak2z87&utm_source=Atom+KS
https://www.kickstarter.com/projects/jellyphone/atom-xl-the-upgraded-atom-with-48mp-camera-and-4-screen?ref=ak2z87&utm_source=Atom+KS

続きを見る

蛇足 Titanの活用

過去Titanを支援し、現在は湯船で文字をポチポチするのに使っている。

やっぱり湯船ではキーボードに限る。

また風呂に浸かりながら、動画をみるのにも使う。

だが、スピーカーに水が入ると音がくぐもってしまう。

防水ブルートゥーススピーカーでも買うか。

 

-Unihertz, ガジェット

© 2020 トキドキ