海外ドラマ 雑記

エルカミーノ(El camino)ブレイキング・バッド続編映画をみた

ブレイキング・バッド本編の続編映画つくっちゃったのね

観なきゃ損するブレイキング・バッド(Breaking Bad)。

そしてそのスピンアウト作品、ベター・コール・ソウル(Better Call Saul)のシーズン5が待ち遠しい中、

Youtubeをふらふらしていると、Netflix公式チャンネルにてとんでもないことが起きると知ってしまった(2019年8月末)。

ブレイキング・バッドの正統続編完成

NETFLIX ORIGINAL

El Camino

A Breaking Bad Movie

El Camino (エルカミーノ)は、なんとNetflix独占の映画らしい。(あとでしらべたけど先行上映みたいなのしてたみたい)

2019年10月11日 上映の前にティザーCMリリース

映画のティザーCMは4種類かな

他にはエルカミーノ関連なら映画のメイキング動画とか、

映画本編にまったくでてこないキャラ(ブレイキング・バッド、ベター・コール・ソウル)が、世界の皆さんにお答えする動画があった Yo!Bit〇〇.

  • 色んな場面をカットしたやつ(これミスリードというかワクワクさせる作り方してるわ)

「準備はいいか」「いいぜ」

  • スキニーピートが、捜査機関から取り調べを受けているやつ

「ジェシーが北に行ったか南に行ったか西か東かメキシコにいったか、月にいったかなんてしらねえ」

  • ジェシーが車の中でラジオを流す

ラジヲニュースがジャックと仲間たちと先生のバトル後を報じてたもの 「9人の死体がみつかった」…ということは

  • Go For Joe!

解体屋のジョーにかかってきた電話 (おいNetflixJPよ "ジョーを探せ"ってなんだよ )

簡単に感想

  • El Caminoは「道」って意味らしいけど、まさしくジェシー・ピンクマンの「道」を、ブレイキング・バッドの(サブ)キャラたちを使って表現していく。
  • トッド

    肥え過ぎ

     
    お前もっとスマートだったろうに 典型的なアメリカンボディになってしまっていた
  • トッドの腹周りが気になって気になって仕方ない
  • トッドのサイコパス度を掘り下げるエピソードがなかなか 人に対して敬意を抱いたり、憧れを持つなんかは、Breaking Badでもみせてはいたが、普通にみえてもやはり常人とは違う

トッド「ところで本当にスープはいらないのか」

  • サイコパスと過ごし、旅するロード・ムービーかと思った トッドの歌は吹いてしまった 歌も皮肉がすごくきいている
  • スキニーピートとバッジャーがいいやつすぎる(You are my hero.だもんな友情といっていいのか  ソウル・グッドマンがウォルトに対して冗談めかして語った「盗人の間に礼儀がない」とは真逆 ただソウルもすぐ『我々を除いて』と打ち消していたけど)
  • 本編に出てこなかったやり取りを、本編時系列を示さずに映画内に回想として挿入されていた
  • なので本編のブレイキング・バッドみていないと間違いなく置いてけぼり キャラと筋を覚えてないとわからん状態になる これは間違いない
  • 僕はBreaking Badが、Huluで配信されているときから、スカパーのスーパードラマTV!での放映、そして現在NetflixやU-Nextなどでの配信を含めて、延べ10回程度、通しでシーズン1~シーズン5みてたのでなんとかついていけた
  • 本編みてねえやつ向けにつくってないわ(byヴィンス・ギリガン at Youtube)
  • (サブ)キャラその1と「道」について語る

ジェシー 「(これまでの)過ちを正すんだ

(サブ)キャラ1 「いいやそれは絶対にできない

  • ある、(サブ)キャラの見切りの速さ (やあ前に世話になったわ → じゃあの の流れの速さ) 見捨てられるジェシーたち これも悪党どもの礼儀よ
  • ジェシー・ピンクマンをひたすらいじめるヴィンス・ギリガン さすが当初シーズン1でジェシーを本当に亡き者としようとしていただけのことはある
  • 相変わらずおっさんばっかり出てくる そこがBreakingBadらしくて良い
  • おっさん、おっさん、おっさん、でかいおっさん、そしておまけ程度のおねえちゃん
  • ヴィンス・ギリガン、西部劇好きなんだな 
  • 唐突に現れたキャラその2と、とりとめもなく「道」について語る とりとめのない将来の話

ジェシー「壇上で卒業証書もらったとき、あんたもいただろう」

キャラ2「そうだったな」

  • (サブ)キャラ3と「道」を語る 宇宙がなんとかとフワついている ヒップホップ系の服装Yo!ジェシー(アーロン当時40歳)
  • そして、かなりキレイにまとめた

一応のエンドを迎えたが、なんか物足りない

  • (サブ)キャラもっと出しても良かったのでは ウォルター一家、ソウルが回想に出てこないのは残念
  • でもウォルター一家はいらんか これはジェシーの物語なので
  • ジャックと仲間たちのジェシー・ピンクマンへの扱いを掘り下げ…なくてもいいわ いじめ倒しているだけだろうし、胸糞わるいこれ以上は悪趣味だな
  • ベター・コール・ソウルのキャラクターがちょこっと出ていたが、例のでかいおっさん以外は気が付かなかった
  • テンポが悪い、後半見えているゴールに辿り着く前にダレてしまった
  • エンドロールのStatic On The Radioがいい 詞と映画のテーマがピッタリ 詞の情景とジェシーがかさなる

(ネタバレ)

ジェシー・ピンクマンは、溶接屋を片付けてトッドの隠し金を取り戻した。

そしてその金で無事、人消し屋こと掃除機おじさんの手によりアラスカへ逃亡を果たした。

ジェシー「フーバーのなんとか、とにかく掃除機に関することだ暗号なんてわすれた」

そして、

ジェシーは「ドリスコル」として生きる「道」を。

マイク・エルマントラウトがジェシーに語った「過ちは絶対消せない」けれども、

最後の開拓地のアラスカでやり直しの一歩を手に入れた。

訃報

人消し屋役のロバートフォースターさんは10月11日になくなったとのことこれが遺作となってしまった。

トッドが歌っていたもの

Dr Hook ”Share The Night Together”

ジェシーは、誰かと”Sharing the trunk together"をしていたが。

ブレイキング・バッドは、ラブソングの採用が多いとか。

まあBreakingBadのラストなんてまさに…

蛇足

Static On The RadioはJim Whiteなんだけど、WordMuleもそうなの?

ちなみにWordmuleは、まさにウォルターやら作品のテーマにピッタリ。

当然タイアップしたわけでもない。

制作陣の選曲センスはえぐいね。

(拙訳)

名前をよばれているけど、でも呼ばれているその名前はお前の名前じゃない

全部しっていると思ってたけど、そいつのことはよく分からん

-海外ドラマ, 雑記

© 2020 トキドキ