Unihertz ガジェット

【ローンチ成功】Unihertz Titan  今後どこで購入できるのか、予約は?

Unihertz Titan 製品化成功

qwertyキーボード付きスマートフォンUnihertz(ユニハーツ)Titan。

Titanプロジェクトは、Kickstarterなどのクラウドファンディングでみごと目標額を達成、

試作製品のローンチに成功した。

「製品として市場に出すプロジェクト」である以上、いよいよ市販化のステージとなる。

それではどこでTitanを購入できるのだろうか。

Unihertz日本の公式サイトで予約できるのか

Home | Unihertz
Home | Unihertz

続きを見る

Kickstaterのことしか書いてない次。

寄り道してAmazon.jpでは購入できるか

Unihertzがセラーとして登録している。Atomや周辺アクセサリを購入することができる。どうだろうかと思い

UnihertzTitanと検索してみた。

 

Unihertz TitanとAmazon.jpで調べると 中華系業者と思しきセラーが現れた

商魂たくましい中華系業者と思しきセラー。

早速画面保護シートを販売している。

保護シートは作るのは簡単だと想像がつくが、

それにしても開発スピード、全体的フットワークの軽さはえげつない。

Amazonは中華系業者が席捲しているというのもうなずける。

 

レビューについても、当初は機械翻訳のヘンテコで笑えるぐらいですむが、

近頃は日本人を雇って、自分のところの製品をレビューさせている。

日本語がヘンテコでなくなったとはいえ、さすがに星5つだらけの製品はおかしい。

同様に本家Amazon.comもUnihertz Titanと検索すると

Unihertz Titanにかかわるものはリストになかった。

Atomがリストにある。

とはいえ、中華系業者と思しきセラーだらけ。

 

いずれ、Amazonでお目見えするだろう。

 

Kickstarter Unihertzのキャンペーンサイトから予約(PreOrder)できそうだが…

https://www.kickstarter.com/projects/jellyphone/titan-unihertz-rugged-qwerty-smartphone?ref=user_menu
https://www.kickstarter.com/projects/jellyphone/titan-unihertz-rugged-qwerty-smartphone?ref=user_menu

続きを見る

出資募っていたときからすでに「Pre Order Now(予約中)」だったが

 

 

何か更新されているのではないだろうかとリンクをポチると、

Indiegogoのキャンペーンサイトに飛ばされた。

現状では予約はできないようだ

予約開始は正式アナウンスを待つしかないか

というような結論になってしまった。

FacebookのUnihertz Titan Groupもチェックしておこう。

Unihertz Titan Group公開グループ | Facebook
Unihertz Titan Group公開グループ | Facebook

Unihertz Titan Groupのメンバー3,595人

続きを見る

続報があればまたお伝えしようと思う。

 

おまけKickstarterのバッカー達の声

  •  ハードシェルタイプのクリップホルスターが欲しい
  • 1時間に2回ほど勝手に再起動してるんだけど、だれか同じような症状の人いない?
    • 私のは調子がいいけど
  •  パスワードマネージャーの1Password使っているけど、オートフィルの機能が動かないんで困っている
  • ブラックベリーのアプリはライフチェンジャー(※)だ  デフォルトのKitaキーボード より良い(https://cobalt232.github.io/blackberrymanager/

※なんのことかというとキーボード入力のトラブルだ。

僕も 1文字だけ大文字を入力しようとして2回大文字になったり、

Altキー押下の効果が2度続くなどが起きた。ちょっとこれは試してみようと思う。

-Unihertz, ガジェット

© 2020 トキドキ