Unihertz ガジェット

Unihertz AtomXL が到着! ちっこいAtomとサイズ比較してみた

佐川急便からお荷物 

午前中に荷物が到着した。

4PX?なんだそりゃ。

プロロジスの倉庫から送られてきたのである。

開けてみるとKickstarterで支援したUnihertzのスマートフォン

AtomXLだ。

汚い開け方の図。

 

パッケージ

ちっこいAtomのパッケージは黒だった。

Titanもパッケージは黒だったような気がする。

中身

内容は

  • AtomXL アンテナなし
  • TypeCのコード
  • AC電源
  • 説明書(日本語あり)
  • 保証書(日本語あり)
  • SIM取り出すやつ尖ったやつ
  • スクリーン保護シート(予備?)

画像のとおり、本体にはすでに保護シートが張られた状態になっている。

中華スマホではよくある。

技適があるので技適警察なんて怖くない。

ちっこいAtomとの比較

当然ながらサイズはちがう。

サイズ感

スクリーン側のデザインはそっくり。

間違い探し

 

裏側

かなり違いがある。

カメラとLEDの配置が違う。

UnihertzロゴはAtomXlでは金属にエンボス気味な加工を施したものとなっている。

小さな3つの穴はスピーカー。

塞ぐと音が出ない。

ちっこいAtomは4つの穴がスピーカー。

風呂で使って水没してしまったことがある。

水が乾燥して抜けるまでしばらく音がでない。

 

 

AtomXLにAtomをのっけてみた。

側面に違いが

スクリーン正面から見て左側面。

SIMスロットがあるのは同じ。

だが、AtomXLはプログラマブルキー(機能を割り当てることができる)がある。

デフォルト設定では赤いキーを押しっぱなしすると、背面カメラの下側にあるLEDが点灯する。

ちっこいAtomはボリュームキー(あげる、さげる)がある。

こちらはスクリーン正面からみて右側面。

AtomXlは音量ボタンと電源ボタンがある。

上側が音量ボタン、下側が電源ボタンだ。

ちっこいAtomは電源ボタン、赤いボタン(プログラマブルキー)、USBタイプCのポートがある。

AtomXlの下側。

イヤフォンジャック(穴)、USBタイプCのポートがある。

USBのポートの上側にある。赤い台形みたいな模様はストラップホールだ。

アンテナがあるはずの上部

赤外線発信部がある。

学習リモコンアプリがついている。

テレビをオンオフ音量変更ができた。

重さ

リサイクルショップで購入したキッチンスケールだ。300円。

AtomXlの半分ぐらいの重さ(ひもがあるけど)

やっぱりAtomXlは重い。

-Unihertz, ガジェット

© 2020 トキドキ